ペンギン少年の雑記

大学生と社会人の狭間にいる人の、しょうもない日記。

閲覧数とCDJレポ-12/28全体編-

こんばんは、ペンギン少年です。

いよいよ2019年になりましたね!今年もよろしくお願いします!

 

しかし全然新年関係ない話をします。

 

最近YouTuberの動画を見ることが増えました。彼らは動画の閲覧数でお金を稼いでいるので、チャンネル登録者数とか動画閲覧回数とかを気にしていますよね。

そのせいか、自分もこのはてなブログの機能「アクセス解析」を頻繁にチェックしてしまいます。

 

この前のブログでそれについて書いたんですが、つい最近まで本当に文字通り誰にも見られてないブログだったのですが

この前BUMPの記事を投稿したら

すごい閲覧されててびっくり

BUMPってすごいですね…

 

彼らの新曲が立て続けにリリースもないまま発表されています

なんと今度の日曜劇場もBUMPだとか!

これについては後々ブログで触れようと思います

 

 

今回はCDJ(12/28)のBUMP以外のアクトについてレポートしたいと思います!

 

この日は

欅坂46→雨のパレード→岡崎体育→ねごと→休憩→スカパラ→Mrs.GREEN APPLEスキマスイッチBUMP OF CHICKEN

という感じでまわりました

 

1.欅坂46

コンサートに行ったりするオタクというわけではないんですが、メンバーを知っているくらいにはファンなので

せっかく見れるなら見とくかってわけで欅坂46を端っこから観てきました!

フェスにアイドル…新鮮(今は当たり前なのかもしれませんが)。

 

まず渋谷さんの前説からスタート。

欅坂がフェス(あるいはその客)に受け入れられてきた歴史について語ります。

 

まあ…でも正直、どうなんですかね。本当に欅坂が好きな人は、フェスに出るよりアイドルフェスみたいのに出て欲しいのでは…?と思ったり。ペンライトを持ったオタクの人たちは、昼に行われた彼女たちのステージ以降もフェスに残ってくれていたのでしょうか。

 

しかししかし正直自分のようなライト層にとってはフェスに出てくれるのはありがたいってわけで、ライブ開始!

アンビバレント」から始まったライブでしたが、何しろ音量がバカでかい!打ち込みやアテフリなど、生演奏が必要ないグループはきちんとマスタリングされた音源を流すので音圧がものすごいことになるんですね(多分)

きゃりーぱみゅぱみゅとかもやばかった記憶が。

 

自分は菅井さん推しなので少なめ(?)なMCを集中して聞きました笑

平手さんは不在でしたが、「エキセントリック」や「ガラスを割れ!」など人気曲をたくさんやってくれました。

土生さんセンターの「アンビバレント」、ダーク感がすごかった

あと「エキセントリック」でねるさんがセリフの時にイヤモニを押さえる動作がかわいかった(細かい)

 

え、もう終わり?ってくらい、人気曲連発で引き込まれたライブでした。

間髪入れずに次は…

 

2.雨のパレード

次世代のサカナクションだと思っている雨パレを観ました。PAの真ん中後ろという音響的に最高な位置をゲット。

彼らのライブを観るたびに思うのは、グルーヴの心地よさサンプラーやリズムパッドを多用していますが、それはバンドとしてタテがきっちり揃っているからこそできることなんだろうと思います。とにかく上手い。

 

なぜか観客の温度が低めでしたが、彼らの演奏は素晴らしかったです。

「Tokyo」や「Shoes」など、定番曲と

あと新曲も披露してくれました!これまでの彼らの路線からブレず、進歩した曲でした。

エレクトロ+シティポップみたいな分野は、今の米津玄師やNulbarichなど競合が多いですが

雨のパレードにも頑張って欲しい!と期待を抱かせるアクトでした。チルかった。

 

3.岡崎体育

岡崎体育は途中から、「FRIENDS」と「感情のピクセル〜MUSIC VIDEO」、「キャラクター」を観ました。

たまアリが決まった彼のノリノリな感じ、とても面白かった。「FRIENDS」で腹抱えて笑いました笑

 

この日のアクトで、一番「フェス」を感じたかもしれない。笑

ネタ曲をやりたくないみたいなことも言っていましたが、ネタ曲の面白さがハンパないので今後もやっていってほしいなあ。

 

4.ねごと

そして当日に解散を発表したねごとへ。

解散発表前から普通に観にいこうと思っていたくらい応援していたバンドでした。解散のニュースにはとても衝撃を受けました…

「DESTINY」から始まった彼女たちのアクト。MVを思い出したりして、きっとこの日のセトリには意味があったんじゃないかと思っています。

「ループ」や「カロン」など代表曲を連発した後、解散を伝えるMCが。観客の悲壮感がとても印象に残りました

 

今思うと、SOAKから何もリリースがなかったのがちょっとおかしいなと思っていたんですよね

でもせめてもう1枚聴きたかった…ETERNALBEATはブレたけど、悪い作品ではなかった気がしているし、VISIONも良かった

ただSOAKは…ちょっとブレすぎな気がしていました。今までのねごとでいいから、ねごと流の今を見せて欲しかった。

もう解散を発表してしまいましたが、SOAKの後の作品があれば、何かもっと変わった未来があったんじゃないかと思うんですよね…

 

ライブに戻ります。

解散を伝えるMCの後、「ETERNALBEAT」。「嘘だ そんな夜もあったな」って今のことやないか!!!

その後は「アシンメトリ」で終了。「DANCER IN THE HANABIRA」が無いのが印象的でした。SOAK……

 

これからラストツアーがあるということで、スケジュールが空けば参戦してこようかと思います。

何はともあれ、お疲れ様でした。個人的にはこの後の音楽活動にも期待してしまいます。

 

5.Mrs.GREEN APPLE

ご飯を食べて、EARTH STAGEへ。ステージ上手からミセスを観ます。

大森さん、歌上手い(小並感)!笑

ピッチもブレないし、とにかく力強い声の伸びが続く!

これは人気が出るのもうなずけるなと思いました。

「WanteD! WanteD!」が個人的なハイライト。打ち込みの同期が入ってるのに、全部有機的な混ざりで面白い曲でした。

 

6.スキマスイッチ

EARTH STAGE、そのままスキマスイッチへ。

サウンドチェックで常田さんが出てきて、観客に手を振ったりファンサービスをしていたのが印象的でした。

ライブ中、少しかわいそうだったのは、前列がほとんどBUMPのグッズを身につけたファンだったこと。途中で大橋さんがそれに気づいたのか、MCで

「僕らのライブ初めてだよって人ー!」と挙手を求めたところ

ものすごい人数が手を上げてしまい

「うお!ショックなくらいいる!」と驚いていました笑

 

こればかりはフェスなので仕方ない部分もあるかと思いますが

BUMPファンも地蔵の人はいないように努力しないといけませんね

すでに前列は窮屈すぎて地蔵とかいう前に身動きが取れない状況でしたが笑

 

ガラナ」や「奏」、「全力少年」など、定番曲をたくさんやってくれた後

最後に演奏した曲は「リアライズ」。

恥ずかしながらこの曲だけ私は知らず、ぽかんとしていたのですが

歌詞が映る映像や、歌詞の選び方から

次がBUMP OF CHICKENだということを少し意識して、ファンを広げるためにこの曲を選んできたのかなと思いました。

一昨年くらいもスキマスイッチをフェスで観ましたが、そのときは「全力少年」でピアノから大橋さんがダイブしてシメていたので

今回はスキマスイッチの歌詞に注目させる意味で、このアルバム曲を最後に持ってきたのかなと思いました

 

それと、ネットではBUMPファンがリアライズ」のコーラスパートを歌わないのが失礼だった、みたいな意見もアクトの直後に噴出していましたが

こればかりは仕方ないかな、と思いました。かなり難しいメロディーだし

なかなかパッと歌えるものでもないような気がしました

地蔵は良くないけど(2度目)

 

そしてこの後、BUMPのアクトを観てこの日は終了しました!(過去記事参照)

全体の感想としては、とにかく過ごしやすいフェスでした。自分みたいなフェスに来て騒ぐんじゃなくて、「自分と向き合いながらじっくり音楽を楽しみたい…」みたいな人でも笑、満足できる音楽フェスだったと感じました。

ただクローク(9-11ホール)に行くまでの寒さ、あれどうにかなりませんかね

 

寒さも含めて、十分楽しめるフェスでした!