ペンギン少年の雑記

大学生と社会人の狭間にいる人の、しょうもない日記。

グッドワイフ

こんばんは!ペンギン少年です

本年もよろしくお願いします!

 

正月早々BUMPの方も動きがありましたね!

日曜劇場「グッドワイフ」に新曲「Aurora」を提供!

おめでたい!せめて今回はBUMPファン以外の話題にもちょっとくらいなってくれ

 

最近BUMPはほんとにタイアップしかやってなくて

藤原基央を休ませてやれよ!と個人的には思っているのですが

日曜劇場なら毎回流れるし、BUMPにも箔がつくだろうしまあいいかなんて思いますが

 

ふと疑問に思うのは

「なぜここにきて、BUMPはタイアップしかやらなくなり、ここまで藤原基央を稼働させまくっているのか?」

ということです。

今になってBUMPファンだった人が企業のお偉いさんになり、オファーが殺到しているから?ロストマンの件だってそのひとつじゃないか?

そうかもしれません。しかしここまでくると、それだけではない気がします。事務所、すなわちTOY'S FACTORYが

BUMPの賞味期限を意識しているのではないか?

と勘ぐってしまいます。

 

おそらく

BUMPの固定ファンは一定数いて、その人たちはどんなサウンドになろうと、それがBUMPクオリティでかつ藤原基央の詞・メロディーなら離れることはないでしょう。

しかしここにきてSNSをやり、タイアップをやり、新曲をリリースする暇もないほど立て続けに提供している。

おそらく、アルバムの予定とタイアップ発表の予定がうまく重ならなかったり、予定変更が度々起きたりして、こうした奇妙な(リリースされない曲がたまり、アルバムにまだ入っていない曲がたまっていく)活動になっているのだと思いますが

こうした奇妙なスケジューリングになるくらい、次のアルバム(シングル)に賭けるBUMP OF CHICKEN(あるいは事務所)の熱意はこれまでにないものなのでしょう

 

そして、事務所の考える「BUMPの賞味期限」も

そう遠くないところまで来ているのかもしれない。

 

そう考えると、少し寂しくもなりますが

上述したとおり、私含めBUMPの固定ファンは、彼らがどんなに見た目がおじさんになろうと、彼らの楽曲が誠実なBUMPクオリティであれば、一切離れることはないと思うんですよね。もし彼らが突拍子もない方向に変化してしまったとしても、過去曲を懐かしみながら聴くのではないでしょうか。

だからこそ、現時点においても、無理せずに、自分たちの納得いく形でしてほしいなあと

(何様だよという感じですが)思っています。

 

とにかく、今回のタイアップが他に埋もれないように

ちゃんと話題になるように祈るばかりです!

そしてアルバム制作が彼らにとって充実したものになっていれば、ファン冥利につきますね。

アルバム発表を楽しみに、しかし気長にのんびりと待つことにします。

日曜劇場楽しみ!